最新!疲労・ストレス講座 13

第13話解説

 「ストレスが強いと疲労する」という言葉は、ただ単に、ストレス(応答)とストレッサー(ストレス源)を言い間違えているだけという場合もあるかも知れません。しかし、「ストレス(応答)を強くさせ過ぎると疲労が強くなる」という現象は重要な問題なので、ここでは、この問題について解説しました。

 話がややこしくなるので、マンガの中には書きませんでしたが、ヒトはストレスを感じることができません。マンガで出てきたように、ストレス応答が弱くなってきた時に疲労感が増えることで、ヒトは初めてストレスというものを意識します。このように意識できるようになるのは、かなり疲労が蓄積し、ストレス応答が弱くなった時ですから、回復させるには時間がかかることもあります。

<前の話  全話一覧に戻る  次の話>

ご意見・ご感想・ご質問などはこちらへ