• 154000総訪問者数:

アクセス

住所
〒105-8461
東京都港区西新橋3-25-8
東京慈恵会医科大学ウイルス学講座

慈恵医大・ウイルス学講座が新型コロナ後遺症の発症メカニズムを発見しました

新型コロナ後遺症でみられる脳内炎症や倦怠感などの脳神経症状の発症メカニズムは不明でしたが、ウイルス学講座は、新型コロナウイルスのスパイクタンパク質の一部であるS1タンパク質が鼻腔内で発現するだけで、これらの脳神経症状が生じることを発見しました。

「脳にウイルスが感染しなくても脳炎が生じる」というこの発見は、これまでのウイルス学の常識を覆すものであり、新型コロナ後遺症の治療法開発や次世代新型コロナワクチンの開発における重要な知見であると考えられます。

また、この発見は、現在行っている新型コロナ後遺症に対するドネペジルの臨床治験の基盤となる研究でもあります。

発表論文はこちら

プレスリリース資料はこちら

マンガによる解説はこちら